03.父と兄弟について

1つ前の記事で「一人っ子母子家庭」と書きましたが、実は私には兄弟がいます。

その兄弟は父親に引き取られました。

これも幼い頃から、母から聞かされていたので、「兄弟ってどんな感じなんだろう?」と思いながら、私は「一人っ子」として育ちました。

物心付いてから、兄弟とは今までに2回(保育園の時と高1の時)会っています。
でも最後に会ってからもうすぐ30年にもなるし、連絡をとっていないので、今どうしているかは分かりません。

もしかしたら自分には甥っ子や姪っ子がいるのかな…なんてたまに思ったりもします。

***

また父とは高1の時、1度会ったきりです。

小さい頃から身体が大きかった私は、手も大きく、周りの友達はもちろん、高校生になった時には、周りの大人と比べても自分の手のひらのほうが大きかったのですが、父と別れる時に握手をしたら、肉厚で今までこんなに大きな手と握手したことが無いな…と思ったのが印象的でした。

あれからもうすぐ30年。
もう父親もいい年でしょうから、死ぬ前にもう一度くらいは会ったほうがいいかな、とは思っていますが、まだ行動できない自分がいます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする