使命・天命・夢について

突然ですが、あなたの夢は何ですか?

子供の時は「○○になりたい!」と言えていたはずなのに、
大人になると「え?夢なんて忘れたな・・・」とか
「平々凡々と暮らせるのが一番だよ・・・」などと言って、
半分(もしくはそれ以上?)諦めている方も多いと思います。

私の小学生の時の夢は「プログラマ(SE)になること」でした。

中学に入り、高校受験する頃になると「音楽の道に進みたい」と思うようになりました。
でも家庭の事情で断念し、普通高校に進みます。

高校生の時に書いた作文では
「子どもたちに夢を与えられる大人になりたい」
と書いていました。

大学に入った頃
「今ここにいるのは一体何のため?」
「僕が生まれてきた理由は何?」
「みんなに夢を与えることが僕の夢だったはずなのに・・・(何もできていないじゃないか!!)」
と思っていました。

そんな私ですが、大学を出た時、小学生時代の夢だったSEになりました。

それから数年後の20代後半の頃から「好きなことをして生きる」という生き方に憧れ、
「自分の好きなことって何だろう?」
と思うようになりました。

というのも、私は小学生からの憧れだったSEになったにも関わらず、ストレスでうつ病になり、会社を退職したからです。
当時30歳でした。

その頃から、
「自分が本当にやりたい事は何だろう?」
と思うようになりました。

それから転職活動をする中で、今までのSEでの経験を活かせる「ITヘルプデスク」という仕事が在ることを知り転職しました。

でも心の中では「この仕事は何年持つかな…」という想いがありました。

それから数年経ったある日、私はたまたま
「人の心は自分で癒やすことができるし、他人の心も癒すことができる」
という事を知り、その瞬間に
「自分が求めていたのはこれだ!自分も将来は人の心を癒やす仕事がしたい!」
と思いました。

それから心の問題を解決する為の様々な手技・手法を学び、友人・知人など、身近な人の心の問題解決のサポートをしていましたが、
「自分が本当にやりたい事は何だろう?」
という想いが拭えませんでした。

というのも、一口に「人の心を癒やす」と言っても、心の問題(傷)の程度や、その人の今の状態(通院しているかどうか等)によって、対応の仕方が全く違ってくるからです。

自分がやりたいのは心理カウンセラーなのか?
それともコーチングなのか?

様々な手技・手法を学ぶ事で、逆に
「一体自分は何をもって、人を癒やしたいんだろう!?」
「どんな人を癒やしたいんだろう!?」
と思い続けていました。

また
「人はどうして働くのだろう?」
「仕事って何?」
という想いもありました。

好きなことを仕事にして、それで生活できればこんなにいいことはない。
でも、果たして好きなことで生活できるのか不安。

「好きなことを仕事にする」という考えがいけないのか?
「仕事は仕事」と割り切って、とにかく生活の基盤を保った状態で、(仕事とは別に)好きなことをやればいいのか?
そんな風にも考えました。

そんなことを考えながら40代になった私は、ある日メンターと出会います。

そしてメンターに
「自分が本当にやりたい事が何なのか知りたい」
と伝えたところ
「クライアントの中に眠る”本当の想い”を呼び覚ましている様子が見える」
と言われました。

それはつまり、私がメンターにしてもらった事(その人が本当にやりたい事を潜在意識の中から見つけ伝える事)だったのです。

ここでやっと10代の頃に漠然と想っていた「みんなに夢を与えること」と結びつきました。

正確には「夢を与える」のではなく「その人の中に眠る”夢=本当にやりたい事”を伝え、気づかせる」と言うことです。

でも実は、この「潜在意識の中にある隠された想いを伝える」という事は、私がこの数年間、自分でやってきたことでした。

今までずっと私は

「使命・天命・夢・本当にやりたかった事」というのは、
「今まで自分がやっていなかった何か特別なもの」で
それを知った瞬間、雷に打たれたような衝撃が走るくらいもの凄くインパクトのあるもの

だと、勝手に思い込んでいました。

でも実際は、すでに自分でやっていて、しかも「これは好きだからやっているんです」と声に出して言っていたことだったのです。

なのに自分で「これが自分の使命なのだ」と気づいていませんでした。

さて、ここでもう一度、聞きます。
あなたの夢は何ですか?

もしあなたが今「自分の夢がわからない」のであれば、私がお手伝いをいたします。

人は誰もが「使命=本当にやりたい事」を持って生まれてきますが、ほとんどの方がそれを忘れて生まれてきます。

その使命を思い出し、本当にやりたかった事をやっている時、その人が最も輝き、幸せを感じる時です。

人は幸せになるために生まれ、生きています。
そして、一人ひとり「何かの使命を持って」生まれてきています。

でも私のように「それが使命だと気づかずにやっている人」もいるかも知れません。

「失ってから初めて幸せだったことに気づく」という言葉がありますが、気づいていなければ幸せを感じることもできません。

あなたの心の奥底に眠っている「使命・天命・夢・本当にやりたかった事」を、私と一緒に探しに行きませんか?

使命・天命・夢についてお知りになりたい方は【個人セッション】をご覧ください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。